読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月のうさぎは昼に泣く

25歳が考えること、そのまま。

明日が来なければ、私は幸せなのだろうか。

仕事とは、楽しいものなのだろうか。

私は3年間、働いていて心から楽しいと思ったことは、おそらくほとんどない。

朝起きた時、積極的に仕事に行きたいと思ったことは、ない。

つまり、私は仕事に快楽という側面があることを知らない。

 

では、楽しめる仕事ってなんだろう。別の角度から考えてみる。

だが、何年も考えているが、未だに答えはでない。

今の職場ではできないということは確かだ。いや、そこすら不明確だ。

それはやってみないとわからない類のことなのだと、今は思っている。

 

先日、転職面談に行った。

「自信があること」という項目に怖気づいた。

何もできない自分が転職してどうなるのか、考えれば考えるほど

未来の光は遠のいていく。

 

どうしたらいいんだ。

何ができれば、私は満足なんだ。

どうなったら自信は手に入るのだ。

何がしたいんだ。自分は何者なんだ。

 

嘆きは月とともに、夜明けに消える。