読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月のうさぎは昼に泣く

25歳が考えること、そのまま。

向上心が無い者は馬鹿だ。という夏目漱石と、現代の意識高い系について。

「意識高い系」という言葉の定義については、あまりよくわからないけど、大学生で自己啓発とかセミナーやってたり、学生団体をやっている人が具体的に「意識高い系」と言われている気がする。

私ももしかしたら大学生の時、意識高い系だったのかな?と、思ったりする。大学生協の講座関係者って、意識高い系に該当するよね。

というわけで、自己啓発させる側としてバイトしていた私が最近思っているのは、実際のところ、最近頑張っている人も人括りにして、意識高い系って言われてない??っていう疑問ね。

真面目なこと言ったりすると、
「意識高い系?」
って馬鹿にされる人が続出しているらしい。という噂がちらほら。揶揄される意識高い系は、自分探しをしている人と高めること自体が目的になっている人だから。一緒にしないで欲しいわよ。自分はここにいるっつの。

んで、戻るけど
実際一生懸命やっている人って意識高いんじゃね?と。

いつの時代も一生懸命にやっている人って、なんでか馬鹿にされる傾向があるよう。

意識高い=向上心だよ。
上向きの心に良いも悪いもないよ。
なにもしない人より、意識高い系の方がずっといいよ。

夏目漱石の『こころ』の中でKが言うセリフ、
「向上心が無い者は馬鹿だ」

夏目漱石は正しいよ。

こころ、教科書に載っているイイところしか読んでないな…。